(とみざわ接骨院) 春日部 スポーツ障害 治療

2021/04/20 ブログ
エコー

こんにちは、とみざわ接骨院です😊

 

とみざわ接骨院には、春日部市内にとどまらず市外・県外からもスポーツ愛好家、小・中学生や高校生の患者様も多数来院されています。

当院ではケガをされたお一人お一人に丁寧な問診、最新の機器による検査を行っております。

痛みの状態、お悩み、何でもお話下さい。ご納得いただけるまでわかりやすくご説明致します。

治療は、必ず患者様の同意を得てから行いますので、安心です😊

 

 

スポーツ障害とは、スポーツによってくり返される過度の負担が積み重ねが原因となって、痛みを主とした慢性症状が生じた状態を指します。

 

軽いものは運動時のみの痛みですが、重症になると日常生活にも困難を伴うようになります💦

よく名前の知られているスポーツ障害には、疲労骨折・投球障害肩・野球肘・テニス肘・ジャンパー膝・骨端症などがあります。

 

 

このスポーツ障害には、年齢・性別・スポーツ種目などによって特徴があります。

 

例えば、小児の場合は骨の成長がまだ進行しつつある段階であるために骨端線が弱く、そこにストレスが加わることにより炎症をおこしたり、骨が癒合せずに分離したままになる骨端症(オスグット、セーバー病など)になりやすい傾向にあります。

 

特に最近ではこの骨端症が多く、原因としてインナーマッスルの低下や姿勢の悪さでより負担をかけてしまい痛みの原因になっている事もあります。

実際に当院でもオスグット(膝の痛み)が股関節まわりの筋肉に対して治療を行なって良くなった症例もあります。

 

当院では羽田野式ハイボルト療法を行い、どこの筋肉が弱いか、負担をかけているかを検査し姿勢や生活指導を行い根本的な治療を行なっております。

 

スポーツ外傷はお任せください❗️